直江兼続 : 戦国史上最強のナンバー2

外川淳 著

豊臣秀吉の死後、天下統一を狙う徳川家康に対し、「直江状」をもって主君上杉景勝とともに抵抗するも、関ヶ原の戦いに敗戦。会津百二十万石から米沢三十万石に減封されるという未曾有の危機にさいし、「上杉」というお家存続のため兼続が打ち出した経済政策とは?米沢藩発展の礎を築きながら、自身の死後、直江家断絶の道を選んだ男の生きざまに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 直江兼続とはこんな男(エピソードから探る人物像
  • 甲冑から読み解く「愛」の精神)
  • 第1章 名将登場の時代背景(謎の幼少時代
  • 上杉謙信、真実の姿とは? ほか)
  • 第2章 美しきライバル景虎との死闘(対決への導火線
  • 御館の乱勃発 ほか)
  • 第3章 天下人秀吉との出会いと別れ(武田家滅亡
  • 魚津城の死闘 ほか)
  • 第4章 天下人家康との抗争と和解(捏造された上杉謀叛
  • 直江状は偽造されたか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 直江兼続 : 戦国史上最強のナンバー2
著作者等 外川 淳
書名ヨミ ナオエ カネツグ : センゴク シジョウ サイキョウ ノ ナンバー 2
シリーズ名 アスキー新書
出版元 アスキー・メディアワークス : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.11
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-867477-5
NCID BA88088848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21511445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想